footpath-logo01_512.jpg

2014年04月07日

定期ガイドツアー 甲州勝沼宿コース 4/6

定期ガイドツアー 甲州勝沼宿コース 4/6



参加者:4名(男性3名、女性1名)

ガイド:室伏、若尾



勝沼フットパスメンバーの若尾です。こんにちは。

去年のガイド時にメガネの色を変えたら参加者がゼロという記録を作ったのですが、

トラウマ払拭の為、その時と同じメガネで行きました。参加者4名、ホッ。



さて、新年度1回目の定期ガイドツアー(甲州勝沼宿コース)です。

立ち寄りワイナリーはマルサン葡萄酒。そう、我が家です。ありがとうございまし
た。



まず朝市会場横の日川。

ここは全国の水害対策工事の中でもトップクラスの技術が入った場所。

このお陰で川沿いのぶどう栽培が可能になったのです。

砂地土壌のこの地は、風通しも良くぶどう栽培に最適なのです。



川沿いを上っていくとうちのワイナリーの自社畑があります。

畑での仕事、2月の雪害、この畑の歴史などをお話ししました。

そういえば、この畑も平成10年の大雪で雪害に遭っています。



さらに進んで祝橋と勝沼氏館跡。

橋の建設当時、地元の子供たちの度胸試しのエピソードは面白かったですね。
20140406-01 (4)_320.jpg


武田信玄の叔父が済んだ勝沼氏館跡、錬金の話はロマンたっぷりでした。



ちょうど桜が満開だったので、少し寄り道して雀宮へ。

地元の方が花見の準備中。うらやましいなあ。
20140406-01 (1)_320.jpg


さて、旧甲州街道を下って勝沼宿に入ります。
20140406-01 (5)_320.jpg


江戸時代、大名やその家臣が泊まった本陣や脇本陣跡。

当時の雰囲気を残す商家・蔵の街並みを歩き、旧田中銀行へ。

地元ボランティアの方の話を伺いました。
20140406-01 (3)_320.jpg


マルサン葡萄酒では試飲をしながら我が家の話を少し。

郵便局、梨、杏、棚等々、、、。気になった方はいつでも遊びに来てください。
20140406-01 (2)_320.jpg


ほろ酔いで気分良く、日川から水をひいている次郎せぎを見ながら朝市会場へ戻りま
した。



僕のつたないガイドを、勝沼博士の室伏さんがガッツリとフォローしてくれたツアー
となりました。

大人数の賑やかなツアーも楽しいですが、少人数の濃くもゆったりとしたツアーもい
いですね。

個人的にも町の素晴らしさを再確認できたフットパスになりました。



参加者の皆さん、どうもありがとうございました。


posted by 高安 at 20:00| Comment(0) | ガイドツアー甲州街道勝沼宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

定期ガイドツアー ぶどうの里寺町コース 2/2

実施コース:寺町コース
参加者:13人(男性9人、女性4人)
ガイド:佐藤和也さん、井上じゅんさん、佐藤浩美さん


 あいにくの雨で寒い日となりましたが、皆さん元気に歩かれました。
IMG_3283_320.jpg

近くに住んでおられる方が多かったのですが、寺町のことはあまり知らなかったとのことで、とても勉強になったと喜んでおられました。仙光寺さんの山門では、天女が音楽を奏でる優雅な様子を描いた透かし彫りに見とれたり、慶専寺さんの本堂のひさしに彫刻された蛙に驚いたりと、皆さん楽しんでおられました。
 万福寺では井上住職さんがじきじきに説明をしていただいたり、今回ガイドを務めた奥様も歴史などについて話していただきました。
IMG_3293_320.jpg

IMG_3329_320.jpg

 最後は麻屋葡萄酒さんに寄らせていただき、醸造所の見学や試飲を楽しませていただきました。オーナーの雨宮さんに案内でしたので、栽培から醸造まで興味深いお話を聞くことができました。途中からは雨も上がり、歩いていると体が温まり、寒風も心地よく感じながら朝市会場に戻りました。
IMG_3353_320.jpg

IMG_3381_320.jpg

IMG_3400_320.jpg

IMG_3409_320.jpg

IMG_3363_320.jpg
















posted by 高安 at 20:00| Comment(0) | ガイドツアー ぶどうの里寺町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

定期ガイドツアー 甲州勝沼宿コース 12/1

三枝です。

今日勝沼宿のガイドをさせて頂きました。学生さん20人他24人で緊張しました。
DSC03977_320.jpg

天気も最高お客様も最高で楽しく歩けました。ワイナリーは東夢さんでしたが学生が20以下の為ブドウジュースを出して頂きました。拙い説明にも皆さん聞きいって頂きありがたかったです。
DSC03985_320.jpg

サブに小俣さん高野さんについて頂きました。又田代先生もご協力頂きガイドデビューを果たすことが出来ました。皆さんありがとうございました。
DSC03988_320.jpg

















posted by 高安 at 17:47| Comment(0) | ガイドツアー甲州街道勝沼宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

2013勝沼フットパス・ウェルカムツアー

素晴らしい秋空の下、2013勝沼フットパス・ウェルカムツアーを開催しました。

11月24日(日) 参加者63名

ぶどう伝説が息づく里上岩崎をめぐりました
CIMG3814.JPG

レポート


posted by 高安 at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 11/3


前日の山梨ヌーボ解禁の余韻が覚めやらぬ3日の日曜日、勝沼朝市会場からスタートする恒例の勝沼朝市フットパスを開催しました。

本日のコースは、「ワインの歴史コース」。県内外から11名の皆さんにご参加いただきました。
1DSCN0214.jpg

朝市会場をスタートし、ぶどう橋からぶどう冷蔵庫、龍憲セラー、宮光園、山梨ワインを巡るコースですが、新しく入手した「小ネタ」も含め、2時間半ご案内させていただきました。
2DSCN0215.jpg

4DSCN0217.jpg

5DSCN0220.jpg

6DSCN0223.jpg

7DSCN0230.jpg

8DSCN0240.jpg

フットパスにご参加いただいた方からは、「本当に楽しい。フットパス、いいですね。」とのご感想を頂戴しました。これも日本の風土、ぶどう畑の持つ底力ですね。

国民文化祭としての開催は、今回が最終となりますが、11月24日(日)には、年に一度の「勝沼フットパス・ウエルカムツアー」が開催されます。

ぜひ、ご参加ください。

(中村)
posted by 高安 at 07:23| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

松戸市の塾の生徒さん、小学校2年生から中学2年生まで、総勢30名をご案内しました。

ガイドウォーク9/22

松戸市の塾の生徒さん、小学校2年生から中学2年生まで、総勢30名をご案内しました。
11_320.jpg

22_320.jpg

歩いたのは、大日影トンネル遊歩道を経て、大善寺経由で勝沼ぶどう郷駅に戻る約5キロのフットパスコース。
33_320.jpg

44_320.jpg

55_320.jpg


みんな鉄道トンネルを歩くのは初めてとのことで興味津々。中には鉄道マニアの子も。当然鋭い質問も…。
小さい子供は年長さんがしっかり面倒を見ながら、足取りも軽やかに、みんな笑顔で楽しそう。大きな声ではしゃぎなら元気いっぱい歩いていました。
66_320.jpg

「ここは、緑がいっぱいでいいところですね。」なんて、大人のような発言も。
「君が住んでいるところの自慢は?」
「んん〜。デパートかな?何でも売っるから。」
「それもいいね。そしたら、デパート以外で、自分たちでまちの自慢を探してみてね。そして今度来たとき教えてね。」
「いいよ。いまは、おじいちゃん、おばあちゃんが自慢だよ。なんでも出来るから。」
こんな会話も、フットパスの醍醐味ですね。

(中村ま)

posted by 高安 at 04:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

定期ガイドツアー ぶどうの里寺町コース

コースは寺町コース。参加者は8名、皆さん県内の方でした。


官軍兵士の墓の説明では、知られていない話だけに皆さん神妙に聞いてくださいました。
11_320.jpg

中央園さんで100年前の甲州ぶどうの木の説明を始めたところ、園主の椚さんが収穫してあった100年前の葡萄を出してくれました。とても甘く、皆さん感激されていました。
33_320.jpg

中央園さんにはいつもお世話になり感謝しています。
22_320.jpg

ぶどう畑が広がる風景の中に寺院が点在する寺町に、皆さん驚かれていました。
55_320.jpg

境内に掛けられたぶどう棚は勝沼ならではの風景でしょう。
44_320.jpg

立ち寄りワイナリーは大和葡萄酒さん、日曜日にもかかわらず親切に説明をしていただきました。100年前の甲州ぶどうから株分けしたぶどうで搾ったワインも試飲させていただきました。
77_320.jpg

日川沿いの堤防を歩いて、朝市会場に着いたのは12時をちょっと回ったころでした。皆さんどうもお疲れ様でした。

三森哲也
posted by 高安 at 12:32| Comment(0) | ガイドツアー ぶどうの里寺町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

2014年ウエルカムツアーの下見を行いました

11月24日(日)に開催する2013年ウエルカムツアーの下見を行いました。

台風が迫り来る中の下見でしたがぶどうの伝来を知ることができる素晴らしいコースであることを実感しました。
SN3R1474_320.jpg

SN3R1483_320.jpg

SN3R1475_320.jpg

昭和天皇も行幸で訪れた最古のぶどう園
SN3R1477_320.jpg

ぶどう冷蔵庫の木扉も洒落ています
SN3R1478_320.jpg


地域の氏神さんにもご挨拶をします。
SN3R1482_320.jpg

ゴールに程近い葡萄園での農夫はフットパスの会の秋山さん
今日はいつになく、こぼれんばかりの笑みを返してくれました。
SN3R1485_320.jpg

今回もまた地域のお宝(磨けば光るものもあり)が満載です。








posted by 高安 at 23:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

定期ガイドツー ワインの歴史コース 8/4

ガイドさんによる切ないレポートをどうぞ

写真番号01 出発
本日の参加者、7名。薄曇りの天気は有りがたかったです。
メインガイドは、急遽いつもは交通誘導をしている祝地区の地元民でした。
怪しげなガイドの始まりです。
01出発_320.jpg

写真番号02 メルシャンの裏手の日川沿いにて
日川の名前のいわれ、川沿いのぶどう栽培の歴史を説明しました。
右の女性は、バスのガイドさん。近々勝沼に来るそうで、予習とのこと。
いいメインガイドに当たればよかったのに・・・
02日川_320.jpg

日川左岸のぶどう畑の中を歩き、栽培品種の説明、棚栽培の歴史等を説明。


写真番号03 龍憲セラー
日本最古のワイン用保管施設の龍憲セラーを説明。施設内に入り、コンクリート天井の剥離用に使った新聞紙なども見ました。
ガイドさん、ファイルに頼りすぎです。
03龍憲セラー_320.jpg


写真番号04 宮光園東側の修復工事
現在進行中の修復工事の地下蔵の工事の様子を見ました。
04宮光園_320.jpg


写真番号05〜08
ソーリューワイナリーの案内は、鈴木社長自らしてくださいました。
いよいよデラウェアが運び込まれ、今年の醸造が始まるそうです。
瓶詰め、ラベル貼りと意外と見る機会の少ないエリアで、機械の選択の訳を教えてくださったりと、興味深い話が聞けました。
ワインセラーを案内していただいた後は、お楽しみの試飲です。
2階のゲストルームで、社長からの説明を聞きながらのテイスティングは、サプライズでした。おつまみまで用意して頂きました。
05ソーリュー1_320.jpg

06ソーリュー2_320.jpg

07ソーリュー3_320.jpg

いただいたワインは次のとおりです。
白ワインは、柑橘系の香のする辛口とシュール・リー製法の2種。
赤ワインは、ベリーAと欧州系の2種。 
更にデザートワインとしてMADURO VINHO(マドゥーロ ヴィーニョ)という、ワインにブランデーを加え樽にて熟成したワインと、甲州葡萄の果汁を凍結濃縮した後、無補糖にて発酵させた甘いデザートワインのFreezing Wine(フリージングワイン)の2種。


08ソーリュー4_320.jpg

時間を大分オーバーし、shopでワインを購入する参加者もいましたので、ワイナリーで解散しました。

怪しげな、拙いガイドで申し訳ありませんでした。

メインガイド 秋山



posted by 高安 at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

今年のウエルカムツアー検討会

例会で、11月に開催予定のウエルカムツアーのコースを検討しました。
SN3R1391_320.jpg

ぶどうの伝来を知る上で欠かせない上岩崎地区です。
SN3R1392_320.jpg

日本昔話で取り上げられた民話も残っています。


posted by 高安 at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする