footpath-logo01_512.jpg

2017年03月05日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 3/5

10時からマルサン葡萄酒の若尾くんガイドの「ワインの歴史コース」に代役でサブガイドとして同行、フリーで7名参加、春ですね。このコース若尾くんと2度目(写真2)「土屋龍憲生家」当時フランスから苗木を持ち帰らなかった龍憲君二人は村民から冷たい目にあったとかなかったとか、こっそりフロキセラの苗木を持ち帰らなかった二人は、勝沼ワイン産地の恩人だと若尾理論(写真3)目玉は「龍憲セラー」の中に入れる事(写真4)記念撮影(写真5)メルシャン資料館自由行動ありでガイドは省エネコース、そして「くらむぼんワイナリー」の試飲へ。野沢さんが居て、ワイナリー案内もしてもらえた(写真6)記念撮影して、2時間の散策終了です。


17202734_1277064232400781_6328005001153224743_n.jpg 17103374_1277064382400766_3478541584803213205_n.jpg

17098207_1277064455734092_4216318824396553627_n.jpg  17191052_1277064519067419_8242845567609769976_n.jpg



竹崎さんのレポート


posted by 高安 at 23:13| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 3/1


雨の予想でしたが、フットパスの最中は何とか天が涙を我慢してくれた、フットパスにはうれしいお天気でした。

事前予約はなかったですが、会場での申し込みがあり綿塚地区のご夫婦と山梨県産業技術短期大学校の女子学生さん2名、ガイドの中村、小西の計6名で「ワインの歴史コース」を歩きました。
1_400.jpg

綿塚のご夫婦からは、「町内もよく歩くのだけれど、こうして説明してもらいながらのウォーキングは初めて。たくさんの発見があり楽しかったです。来月もぜひ参加したい」とのうれし言葉を頂戴しました。
2_400.jpg

ワイナリーはクラムボンワインを訪問したのですが、学生さんは、まだ未成年とのことで、ワインが飲めず残念でした。二十歳を過ぎたら、ぜひ「ワインツーリズム」にご参加ください。
3_400.jpg

次回は、4月5日(日)桜の花も満開を迎え、まさに春本番ですね。コースは勝沼宿を中心に歩きます。ぜひご参加ください。


posted by 高安 at 08:58| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

定期ガイドツアー ぶどうの里寺町コース 6/1

今回は上岩崎地区をめぐる新しいコース「ぶどうの歴史コース」でした。

参加者は2名、お2人とも先月に続いて参加いただきました。30度前後の暑さの中、汗を拭きながらのツアーでした。このコースは、12世紀後半、平安時代の終わりころ、山葡萄の変性種を持ち帰り、苦心改良して甲州種の栽培を始めたと伝えられる人物、雨宮勘解由(あめみや・かげゆ)の伝説が息づく里を歩くコースです。

参加された方は初めて聞くお話の数々に聴き入っておられました。最後の立ち寄りワイナリーは、山梨ワイン醸造から社名を変更した「くらむぼんワイン」さん、いつものようにオーナーの野沢さんが畑から醸造所まで親切、丁寧に案内してくれました。ワインやジュースの試飲もたくさんさせていただき、ガイドも楽しませていただきました。社名の「くらむぼん」は宮沢賢治の詩に出てくる言葉だそうで、果物
の「山梨」を意味しているとか。最近はイギリスの高級スーパーに向けて自社ワインを輸出するというニュースがNHKなどで紹介されました。

朝市会場に戻ったのは12時ちょっと過ぎでした。暑い中、お付き合いいただいた参加者の方、野沢さん、本当にありがとうございました。

来月7月から9月までは、猛暑が予想されるためお休みとなります。
次回は10月5日「ワインの歴史コース」です。皆様のご参加をお待ちしています。

三森(て)
posted by 高安 at 19:00| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 11/3


前日の山梨ヌーボ解禁の余韻が覚めやらぬ3日の日曜日、勝沼朝市会場からスタートする恒例の勝沼朝市フットパスを開催しました。

本日のコースは、「ワインの歴史コース」。県内外から11名の皆さんにご参加いただきました。
1DSCN0214.jpg

朝市会場をスタートし、ぶどう橋からぶどう冷蔵庫、龍憲セラー、宮光園、山梨ワインを巡るコースですが、新しく入手した「小ネタ」も含め、2時間半ご案内させていただきました。
2DSCN0215.jpg

4DSCN0217.jpg

5DSCN0220.jpg

6DSCN0223.jpg

7DSCN0230.jpg

8DSCN0240.jpg

フットパスにご参加いただいた方からは、「本当に楽しい。フットパス、いいですね。」とのご感想を頂戴しました。これも日本の風土、ぶどう畑の持つ底力ですね。

国民文化祭としての開催は、今回が最終となりますが、11月24日(日)には、年に一度の「勝沼フットパス・ウエルカムツアー」が開催されます。

ぜひ、ご参加ください。

(中村)
posted by 高安 at 07:23| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 5/5

■5月5日朝市フットパス

・コース名 ワインの歴史コース
DSC03415_320.jpg

・行程 朝市会場〜葡萄橋〜葡萄冷蔵庫〜大泉葡萄酒〜龍憲セラー〜ワイン資料館

・参加者14名+スタッフ5名

・概況

参加者は皆県内の方で、朝市に初めて来たという方が多いようでした。

葡萄橋の上での鳥居焼の話、日川堤防上での日川水制の話など、皆さん興味深く聞かれていました。
CIMG2886_320.jpg

DSC03427_320.jpg

DSC03446_320.jpg

葡萄冷蔵庫では中を見学しながら興味津々の様子でした。
DSC03448_320.jpg

今回の立ち寄りワイナリーは大泉葡萄酒さんでした。御年80歳を超える会長の前田さんがとても熱心に温かく迎え入れてくれました。
CIMG2902_320.jpg

DSC03463_320.jpg

ワインの先覚者・土屋龍憲さん(明治10年仏へ留学)が造った100年物のワインを30年前に飲んだ話など、懐かしそうに語ってくれました。「そのワインは3本あり、うち2本は酸化していて飲めなかったが、1本は十分に楽しめた、すっきりした味わいだった」と語っていました。醸造所内を見学した後、ワインの試飲をさせてくれました。消毒薬のボルドー液(硫酸銅)を使わずに栽培し、柑橘系の香りを引き立たせたワインなど、自慢のワインが振舞われました。車の運転などで飲めない方が半数ほどいましたので、その方々には申し訳なく思いました。かなり長居をしてしまいましたが、農家による会社が地元の葡萄で造る小さなワイナリーを訪問することが出来て、参加者の方も楽しそうでした。
CIMG2916_320.jpg

CIMG2917_320.jpg

CIMG2918_320.jpg

CIMG2924_320.jpg

CIMG2925_320.jpg

その後、龍憲セラー、ワイン資料館を見学し、時間がかなり経過してしまいましたので、資料館で解散しました。
DSC03482_320.jpg

DSC03486_320.jpg

DSC03487_320.jpg

DSC03450_320.jpg

暑さを感じる中、参加者の方には拙いガイドにお付き合いいただき、どうも有難うございました。(三森)



posted by 高安 at 10:18| Comment(2) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 2/3

2月ワインの歴史コース参加者は32名でした。
宮光園周辺を訪れるのは初めての方ばかりで、勝沼ワインの歴史に改めて関心を持たれたようでした。立寄りワイナリーは山梨ワイン醸造さんでした。いつもどおり親切に対応していただき、試飲も堪能できた様子でした。国産ワイン発祥の歴史をめぐるコースなので、国文祭関連行事の最初のフットパスとしては最適のコースだったと思います。

1DSC_6350_320.jpg

2DSC_6354_320.jpg

3DSC_6359_320.jpg

4DSC_6370_320.jpg

5DSC_6372_320.jpg

6DSC_6382_320.jpg

7DSC_6384_320.jpg

8DSC_6386_320.jpg

9_320.jpg

10DSC_6393_320.jpg

11_320.jpg

11_320.jpg

12DSC_6415_320.jpg

13DSC_6423_320.jpg


















posted by 高安 at 05:33| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース

☆昨日はぶどう祭り、本日は三連休の中日ということで、勝沼朝市も大盛況でございました。

☆今回の朝市フットパスの参加者は、全国水源の里全国連絡協議会の岩岡さん(京都府)、日本フットパス協会応援団の松美さん(東京都)、山梨県富士川町のMさん×2名の計4名で、ワインの里コースを堪能いたしました。
IMG_2288.jpg

☆富士川町のMさんは、なんと町田市で勝沼フットパスの情報を得て、今回参加されたとのことです。朝市フットパスでも、「町田市をはじめとする日本フットパス協会のPRをしなければ」、と感じた次第です。

☆ウォーキングの途中、畑で作業中のS沢さん(80歳)から、甲州葡萄のレクチャーを受け「ちょっと食べてし」とおすそわけに預かったり、秋山農場の甲州葡萄をもぎ取らせてもらったりと、参加者の皆さんには秋の勝沼を満喫していただきました。

☆「10月の勝沼はいいこと盛りだくさん」でございます。(写真は秋山農場でのスナップ)

文責 中村正樹
posted by 高安 at 06:33| Comment(3) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 7/1

7月の朝市フットパス。小雨ではありましたが、3名の皆さんにご参加いただきました。
今回のガイドは、あの勝沼ワイナリーマーケット・新田商店のカリスマワインエキスパート、新田正明さんです。
参加者の皆さんの声をまとめてくれたのは、毎回、青梅市からフットパスの会に参加してくれている上垣真子さんです。

○いい意味で、こんな道を歩くとは思わなかった(笑)。畑の中を歩きながら、ワイン用ぶどうと生食用ぶどうの違いなどを聞くことができて嬉しかった。
ただ単に、歩いているだけだと通り過ぎてしまうところも、ガイドの説明があると全然違いますね。

FP_0701_6 (4)_320.jpg

○他のワイン産地では味わえない体験だと思います。「北海道や長野などのワイン産地でもこのような事をやっているのですか?」との質問に、新田ガイドは「おそらくないでしょう」答えていました。良くも悪くも農家とワイナリーの関係が強い、という歴史があるからできるのだという新田さんの説明に、皆さん納得!でした。
FP_0701_6 (3)_320.jpg

○雨の中のフットパスだけど楽しめました。足元が悪い道も少なく、少人数だったこともあり、傘を差しながらでもガイドの説明がよく聞こえたので満足していただけました。文化館も興味を持って見学していただき、時間もちょうど良かったとのご意見を頂戴しました。
FP_0701_6 (1)_320.jpg

○それぞれのガイドに個性があり、いろいろと違った角度から説明しますので、毎回参加しても違った楽しみを発見してもらえます。特に今回「この家が、わたしが中学生のときに好きだった子の家ですよ。恋愛は成就しませんでしたが…」という新田ガイドのカミングアウトに、「新田さんでも振られるんんですね」というやさしい突っ込みは、上垣さんでございました。
○いろんな人に経験してほしい、朝市フットパスでございます。

FP_0701_6 (6)_320.jpg

FP_0701_6 (5)_320.jpg

FP_0701_6 (2)_320.jpg









posted by 高安 at 07:38| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース 4/1

朝市フットパスは事前申し込み4名のところ、当日参加者もあり、10名がワインの里コースを巡りました。

本日のガイドは小俣女史と勝沼YHオーナーの小西さん、そしてオーナーのご息女この春菱山小学校に入学する@@ちゃんでした。
IMG_1197.jpg

葡萄冷蔵庫から竹薮の坂を上ったところで、ここでブドウ栽培を長年行っているお婆ちゃんから、竹薮の話も伺うことができたそうです。
IMG_1193.jpg

サブガイドの小西さんは、「列が長くなると、後の方はガイドの話がよく聞こえないね」など、運営の課題を指摘してくれました。@@ちゃんは「こんなところあるってわかって楽しかった」と笑顔で話してくれました。
IMG_1216.jpg

参加者の方からは、「このへんは車で通ったり、ワイナリーにも行っていたけど、こうした話を聞いたのは初めてで楽しかったです。」といったご意見を伺いました。

本日まち案内処も来訪者で大賑わい。「来る途中、スピード違反で捕まっちゃって、山梨の印象悪くなっちゃったけど、ここで親切にいろいろ話をしてくれたから山梨の印象良くなったわよ」って、お褒めの言葉を頂戴しました。妙齢の女子3名と固い握手をかわし「また来るわよ」って、本当にまた来てね。(文責 中村)


posted by 高安 at 20:00| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース



・参加人数=ガイド含め10人(フットパスの楽校受講者含む)
・参加者の声
 =「初めて歩いたが、ワインの歴史がこんなに詰まっているとは知らなかったので、勉強になった」
  「ぶどうやワインだけではない話も聞けて、興味深かった」など
posted by 高安 at 22:00| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

10/2

平成23年10月2日 天気 晴れ
コース名 A
参加人数 4
ガイド名 田代、須藤

気持ちの良い天気の中、実のついた甲州やベリーAなどのぶどう畑を眺めながら、参加者とスタッフの皆様と楽しく歩くことができました。

コメント

・天候に恵まれ、さわやかな秋の勝沼を参加者の皆さんと歩くことができました。

・勝沼のワイン醸造の歴史や葡萄の品種など、まだまだ勉強不足だと感じました。


IMGP4483_320.jpg

IMGP4481_320.jpg

IMGP4479_320.jpg

IMGP4476_320.jpg

IMGP4472_320.jpg

IMGP4471_320.jpg

fp-logo_320.jpg

IMGP4488_320.jpg

IMGP4485_320.jpg





posted by 高安 at 22:00| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース8/1

実施日   平成 22年 8月 1日      (天気  快晴  )

ガイド 新田さん・村田さん

ぶどう畑の脇で新田さんの説明に興味津々に聞き入っていました
fp20100801-2_320.jpg

勝沼ならではのぶどう畑や民家の間を歩きちょっとした日影にホッとします
fp20100801-2 (1)_320.jpg

特別に入ること出来た龍憲セラーで天井の新聞を見明治時代を実感
fp20100801-2 (2)_320.jpg

蚊に刺されながらも見物できた葡萄貯蔵庫、ひんやりしてました
fp20100801-2 (4)_320.jpg

fp201008 (1)_256.jpg fp20100801-2 (2)_320.jpg

山梨ワインさんで利き酒と蔵巡り
fp201008 (7)_256.jpg

fp201008 (4)_256.jpg fp201008 (5)_256.jpg


posted by 高安 at 12:03| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

定期ガイドツアー ワインの歴史コース5/2

ガイド 田原さん・須藤さん

08-20100502_320.jpg


07-20100502_320.jpg


実施日   平成 22年 5月 2日      (天気  快晴  )
コース名       A
参加人数  11人
ガイド名  田原、須藤
気がついたこと (良かった点、反省点、感想など)
○田原
 ・天気に恵まれて快適ツアー。最後の山梨ワインで社長の説明が聞けて、よかったのではないか。
 ・受付に「ガイドツアー受付」等の貼り紙を貼ったらどうか。
○須藤
 ・天気もよく多くの方に楽しんでいただけて良かったです。
 ・勝沼町内の方も新たな発見があったとのことで、うれしかったです。
 ・ガイドについては、過去2回はカンペを見ながらでしたが、今回はカンペを見ずに行いました。
 ・硬い案内になる、歩くペースが早くなってしまうなど、反省点は今後に生かしたいです。


参加者のご感想
・甲州市に住んでいながら知らないことが多く、改めてワインの歴史的なものを感じ、山梨の誇りを感じた。
・人数が少なかったので、楽しく聞くことができた。
・醸造の道具etc.見学できておもしろかった。
・別のツアーも参加してみたい。
・勝沼の歴史を教えていただき、とても興味深かった。
・ワインセラーを見学させていただき感動した。ありがとうございました。
・ワインセラーのガイドに助けられた感はありますね。
・ちょっと歩くスピードが早かったかもしれない。

参加者住所地
勝沼町内=5人 甲州市内=1人 山梨県外( 関東=3人 )


posted by 高安 at 07:17| Comment(0) | ガイドツアーワインの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。