footpath-logo01_512.jpg

2014年04月07日

定期ガイドツアー 甲州勝沼宿コース 4/6

定期ガイドツアー 甲州勝沼宿コース 4/6



参加者:4名(男性3名、女性1名)

ガイド:室伏、若尾



勝沼フットパスメンバーの若尾です。こんにちは。

去年のガイド時にメガネの色を変えたら参加者がゼロという記録を作ったのですが、

トラウマ払拭の為、その時と同じメガネで行きました。参加者4名、ホッ。



さて、新年度1回目の定期ガイドツアー(甲州勝沼宿コース)です。

立ち寄りワイナリーはマルサン葡萄酒。そう、我が家です。ありがとうございまし
た。



まず朝市会場横の日川。

ここは全国の水害対策工事の中でもトップクラスの技術が入った場所。

このお陰で川沿いのぶどう栽培が可能になったのです。

砂地土壌のこの地は、風通しも良くぶどう栽培に最適なのです。



川沿いを上っていくとうちのワイナリーの自社畑があります。

畑での仕事、2月の雪害、この畑の歴史などをお話ししました。

そういえば、この畑も平成10年の大雪で雪害に遭っています。



さらに進んで祝橋と勝沼氏館跡。

橋の建設当時、地元の子供たちの度胸試しのエピソードは面白かったですね。
20140406-01 (4)_320.jpg


武田信玄の叔父が済んだ勝沼氏館跡、錬金の話はロマンたっぷりでした。



ちょうど桜が満開だったので、少し寄り道して雀宮へ。

地元の方が花見の準備中。うらやましいなあ。
20140406-01 (1)_320.jpg


さて、旧甲州街道を下って勝沼宿に入ります。
20140406-01 (5)_320.jpg


江戸時代、大名やその家臣が泊まった本陣や脇本陣跡。

当時の雰囲気を残す商家・蔵の街並みを歩き、旧田中銀行へ。

地元ボランティアの方の話を伺いました。
20140406-01 (3)_320.jpg


マルサン葡萄酒では試飲をしながら我が家の話を少し。

郵便局、梨、杏、棚等々、、、。気になった方はいつでも遊びに来てください。
20140406-01 (2)_320.jpg


ほろ酔いで気分良く、日川から水をひいている次郎せぎを見ながら朝市会場へ戻りま
した。



僕のつたないガイドを、勝沼博士の室伏さんがガッツリとフォローしてくれたツアー
となりました。

大人数の賑やかなツアーも楽しいですが、少人数の濃くもゆったりとしたツアーもい
いですね。

個人的にも町の素晴らしさを再確認できたフットパスになりました。



参加者の皆さん、どうもありがとうございました。


posted by 高安 at 20:00| Comment(0) | ガイドツアー甲州街道勝沼宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: