footpath-logo01_512.jpg

2014年12月16日

定期ガイドツアー 甲州勝沼宿コース 11/2

秋も深まり、フットパスには丁度良い季節になってきました。今回の定期ガイドツアーは甲州勝沼宿コースです。

参加者は大月からお越しのご夫婦とフットパスの会メンバー小西さんが経営する勝沼ユースホステルを定宿として何度も勝沼にお越しになっている大阪からのお客様、小西さんのお嬢さんの4名で巡りました。


朝市会場から日川沿いを歩き、オープンしたての東夢ワイナリーのワインショップに立ち寄りました。ワインはもちろんのこと、100%ジュースやワインパミス(絞りかす)の塩などが販売されており、買い物を楽しみました。ショップ内にはなぜか(!?)ミスター長嶋が豪快に空振りしているポスターが。

祝橋からは鳥居焼の景色をみんなで眺めながら、護麻木を積んで実際に点火しているエピソードを紹介しました。

勝沼氏館跡を通り抜け、甲州街道へ。火災の延焼を食い止めるため主屋と蔵が交互に建てられている街並みの所以や旧田中銀行では、当時としては珍しい電話ボックス、タイル張りのトイレ等を実際に拝見しながら、ボランティアスタッフの説明に聞き入りました。お茶、美味しかったです。ごちそうさまでした。


最後にマルサン果実園のご主人のお話を伺いました。家業を継ぎ、勝沼に帰ってすぐに歴史ある門をつぶして撤去してしまい、今ではちょっぴり後悔していることややその昔、ぶどう以外にも杏なども栽培していたので果樹園という名前が残っているという話など、興味深い話をして頂きました。


参加者の方々、熱心に聞いて頂きまして感謝です。

ガイド 小俣、田代
レポート 田代





posted by 高安 at 16:51| Comment(0) | ガイドツアー甲州街道勝沼宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする